なぜ人気なのか

タクシーの模型

タクシードライバーの求人に人気があるのは、「経験などが問われないことが多いため比較的採用されやすい」という理由があるからでしょう。実際に業務をおこなう際は、客を乗せるための資格である二種免許が必要になりますが、タクシー会社側がその取得費用を負担してくれるケースも多くあります。そのため、一種免許しか持っていない場合でも採用してもらうことができますし、入社後に二種免許を取得することが可能なのです。その他にも、「仕事を自分のペースでできる自由さがある」ということも人気になっている理由の一つだと言えます。タクシー会社に勤める場合は、仕事の始めと終わりに会社へ寄る必要がありますが、実際の業務中は1人で自由に仕事をすることができます。そのためタクシードライバーであれば、一般的なサラリーマンのように、会社の人間関係などでストレスを感じることもあまりないと言えるでしょう。

仕事内容や給料について

タクシー

タクシードライバーの求人に応募する際は、実際の仕事内容や勤務形態、そして給料がどれぐらいになるのかということを知っておくとよいでしょう。まず「仕事内容」については、タクシー会社に勤務する場合は、まず営業所に出社して朝礼を受けたり、車の点検をおこなったりします。出庫した後は営業エリアで送迎業務をして、状況によっては駅などの人が集まる場所で待機をし、勤務が終わったら営業所に帰るというのが大まかな流れになるでしょう。次に「勤務形態」に関しては、昼間に業務をおこなう昼日勤と、夕方から明け方まで業務をおこなう夜日勤、そしてほぼ丸一日(20時間)勤務して翌日は休むという隔日勤務の3種類があります。この中で最も多いのは隔日勤務だと言われているため、こうした特殊な勤務形態になる場合が多いということをあらかじめ知っておきましょう。さらに「給料」については、固定給に歩合制がプラスされる形態になっているところが多いと言えます。歩合制とは、乗客数や距離によって金額が決まるものであり、より多くの客を長距離乗せたほうが高くなるというものです。年収に関しては全国平均だと350万円程度になりますが、大都市のほうが高く、地方は少ない傾向にあると言えます。350万円程度という金額は、一般的なサラリーマンと比べると高くありませんが、先ほど紹介した歩合制を採用しているタクシー会社であれば、働き方によっては高収入を得ることも可能でしょう。

広告募集中